確定申告初心者のサラリーマンが、医療費控除とふるさと納税を申告してきた話

確定申告

ごく一般のサラリーマンは、確定申告とはほぼ無縁で生活していますよね。

年末調整で会社が行ってくれるので、確定申告の方法なんて別に知らなくていいと思っていた。

しかし、筆者は妻の出産により、医療費控除を申請しなければならなかったのです。

くわえて、ふるさと納税も行っていたので、ふるさと納税分も確定申告しなければならなくなりました。

確定申告を始めて行うときに注意したい点、全体の流れ、必要な書類などをまとめました。

今、確定申告の方法がわからなくて困っているサラリーマンの方、

今後、医療費控除や住宅ローン控除で、確定申告が必要になりそうな方は、ぜひ最後まで読んでいってください。

この記事はこんな方に読まれています
  • 確定申告の全体の流れを知りたい
  • 医療費控除のやり方を知りたい
  • ふるさと納税分の申告方法を知りたい
目次

確定申告の期間

確定申告の期間ですが

毎年2月16日から3月15日までとなります。

確定申告の方法

確定申告の方法は以下の4つがあります

  • e-Tax(ネット)で申請
  • 税務署で作成して申請
  • 信書を郵送
  • 作成した信書を税務署に持ち込み

確定申告の方法がわからない方は、税務署で作成して申請を強くおすすめします!

自宅でできる、スマホでできる、ネットでできる等と言われていますが、初心者には厳しいというのが感想です。

何が厳しいかというと、

  1. 確定申告書の作り方がわからない
  2. 確定申告の仕組みがわからない
  3. 作成したものの、正しいかわからない

実際に、筆者は税務署に行き、相談員に聞きながら申告書を作成しましたが、一人で作成できる気はしませんでした。

とくに【3.作成したものの、正しいかわからない】が初心者には鬼門です。

入力見本や入力する内容は説明されていますが、初心者では理解しにくいです。

理解したと思っていても、実際に正しいのか判断できず不安に襲われます。

わからないまま、不安の募らせて申請書を作成するよりも、税務署に行って相談員に聞きながら作成したほうが良いです。

実際に税務署で作成してきたので説明します。

税務署の休み

税務署で作成の問題は、土日祝日が休みであること。受付時間も8時~16時とサラリーマンが行きにくい時間帯となっています。

なんとかして、平日に時間を作っていくしかないというのが現状です。

必要書類

筆者が作成の際に必要だったものは、以下の物になります。

  • 源泉徴収書
  • 1年分の医療請求額がわかるもの
  • マイナンバーカード
  • 銀行口座がわかるもの
  • ふるさと納税の金額がわかるもの

受付

最初に受付で、自分が何の手続きをしたいか伝えます。

筆者であれば、サラーリーマンで年末調整済みだが、医療費控除とふるさと納税(寄付金控除)の申請をしたいと、伝えます。

医療費控除

まず、医療費控除の申請書を書く必要があります。

あらかじめ、前年に支払った医療費を【人】【医療機関】【金額】【保険適用額】別にまとめておくと便利です。

医療費控除申請書

筆者がわかりづらく感じた点

  • 医療費は明細書でなく、実際に払った請求書金額を記入すること
  • 請求書一枚一枚、転記する必要が無い
  • 協会けんぽから送られてくる、医療費のお知らせは使えれば使うが、心配なら請求書のみで申請する
  • 通院などにかかった、タクシー代や電車代も請求できる

医療費は明細書でなく請求書の額面で

医療費の計算をする際、最初につまづいたのが明細書と請求書の金額の違いでした。

現場の相談員に尋ねたら、請求書の金額で計算してくださいとのことでした。

請求書はまとめて記入

請求書を一枚一枚転記していたら、現場の相談員にまとめて書いても大丈夫ですと言われました😢

どういうことかというと、

名前医療機関支払金額保険適用金額
パパ○○外科医50,0000
ママ○○産婦人科200,00020,000
ママ○○外科5,0000
子供○○小児科9,0000

こんな感じで、【人】と【医療機関】で1年分まとめて記入できます。

医療費のお知らせ

医療費のお知らせ

医療費のお知らせという書面が、会社から届く人も多いかと思います。

この書面は1月~9月の医療費支払合計額が記載されているので、この書類の金額を転記することもできます。

ただし、10月~12月の支払いは追加で記入しなければなりません。

また、自分の持っている請求書と額面が微妙に違っていました。

相談員に尋ねたところ、請求書が全て揃っているなら、抜けてる可能性もあるのでそっちを使ったほうがいいと言われました。

請求書が全て揃っている方は、請求書を使って申請したほうがよさそうです。

通院に使った交通費も適用内

通院に使ったバス・電車・タクシーなども医療控除適用内でした。

筆者はそのことを知ったのが、年の後半だったので、前半に使った交通費明細がなく申告できませんでした。

※自家用車でのガソリン代は適用外です

パソコン・スマホで入力

医療費控除の記入が終わったら、パソコン・スマホでの入力になります。

源泉徴収書、ふるさと納税証明書、医療費控除の記入用紙などを見ながら、指定された入力欄に入力していきます。

入力内容が不明な場合は、近くの相談員に聞けば答えてくれます。

還付金内容が提示されたら、振込先の銀行口座やマイナンバーなどの入力を行います。

この作業に関しては、特に問題なく行えましたし、不明な点は相談員に尋ねればすぐ解決できました。

印刷・提出

最後に、入力した内容を印刷してもらい、控えを受け取り終了です。

提出は係員の方が投稿してくれました。

控えや今回使った資料は5年保管してください。といわれたので、皆さんも5年は保管しておきましょう。

まとめ

今回、税務署で相談員に尋ねながら確定申告をして、本当に良かったです。

初心者で無知な状態の私が、一人できる作業内容とは思えませんでした。

なので、確定申告初心者の方は税務署で相談員に聞きながら、確定申告を行うことを強くおすすめします。

今年、しっかり相談員に聞きながら確定申告を行えたので、確定申告の仕組みもある程度理解でき、次回は1人でチャレンジできると思います。

今回、確定申告を終えて、筆者のメモも兼ねて覚えておきたいことをまとめました。

確定申告をする際に覚えておきたいこと
  • 医療費の請求書はしっかり保管しておく
  • ふるさと納税の請求書はしっかり保管しておく
  • その他、確定申告に必要な書類はとりあえず保管しておく

一般のサラリーマンは、確定申告をする機会があまりないですが、【急な相続税】【急なケガによる医療費控除】等、

想定外の確定申告が必要な場合も出てくるので、念のために確定申告に必要な書類はしっかり保管しておきましょう。

例えば、ふるさと納税をワンストップ特例制度で申請したのに、そのあと確定申告が必要になった。

確定申告をするとワンストップ特例制度での申請は消滅され、確定申告で再申告しなければならない。

でも、ふるさと納税の書面を捨ててしまって、再申告できない。

というようなことにならないように注意しましょう。

ふるさと納税についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

確定申告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次