子供がパパになついてくれない原因は?NG集と改善策

子供がなつく方法

ママと遊んでいるときは嬉しそうなのに、自分と遊んでるときは嬉しそうじゃない。

そんな、悩みを持つパパも多いかと思います。

どうやったら、子供がなついてくれるのか?自分の接し方に自問自答する日々。

子供がパパになついてくれない原因と、解決策とは!?

この記事を読めば、そんな悩みも解決しますので、ぜひ最後まで読んでいってください!

この記事はこんな方に読まれています
  • 子供がなついてくれない
  • 子供との接し方がわからない
  • 子供に嫌われている原因と対処法を知りたい
目次

やってはいけないNG集

NG

最初にやってしまいがちなNGをまとめてみました。

心当たりのある方は、まずこのような行動をやめましょう。

ママの悪口

ママに嫉妬して、ママの悪口を言うのはやめましょう。

子供と仲良くしているママを見て、ついつい子供に「ママ、怖いねー」などと、ママの評価を下げる言葉を言ってしまいがちですが、

言ったことによって、パパの評価が上がるわけではありませんのでやめましょう。

子供目線では、パパとママが仲が悪い・パパが大好きなママの悪口を言っているだけにしかみえず逆効果です。

ママとの関係性も悪くなるだけなのでやめましょう。

物を与えるだけ

気に入られるために、お菓子やおもちゃを買ってあげる。

買ってあげるのは構いませんが、そのあと一緒にお菓子を食べたり、おもちゃで遊んでいますか?

買うだけ買って、遊んだりするのは面倒臭いから放置。

そうならないように買うのであれば、一緒に食べたり遊んだりしましょう。

子供にとって、買ってくれた人ではなく一緒に遊んでくれた人が重要です。

幼い子供なら尚更、買ってくれた時の記憶などすぐに忘れてしまいます🤣

ママ目線でも、ただ甘やかしてお金を使っているだけと、思われてしまう可能性もあります。

怒鳴る・手を挙げる

怒鳴ったり、暴力を振るうのは絶対NGです。

しつけの為に、ある程度は必要と思う人もいるかもしれませんが、絶対にやってはいけません。

大声で怒鳴ったり、暴力を振るう人間を好きになる人など、大人でも子供でもいません。

仮にそれで自分の言うことを聞くようになっても、それは懐いているわけではなく怯えているだけです。

自分が構いたい時だけ構う

自分が構いたい時だけ構うのもよくありません。

自分が子供を必要としている時ではなく、子供が自分を必要としているときに接してあげましょう。

子供の機嫌が良い時や、自分が疲れていない時だけ遊んで、子供の機嫌が悪い時や、自分が疲れているときは育児に参加しないパパも多いようです。

ママ目線でも、面倒なことばかり押し付けられていると、感じてしまう場合があるので注意です。

ママのほうが仲が良いのは当たり前

ママ仲良し

まず、気構えとしてママより懐いてもらおうとは、思わないことです。

ママのほうが子供と接する時間は長いことが多く、母乳だってパパには出せません。

ママを意識しすぎて、焦って子供と仲良くしようとしても空回りするだけです。

あくまでも、ママをサポートする気持ちで子供と接しましょう。

焦らずじっくり、自分にできることを始めていくことが重要です。

子供の会話を聞く

子供と会話

子供の話にしっかり耳を傾けましょう。

子供が話しかけてきても、うわのそらで返事をしたり、携帯を見ながら相手をするようなことはやめましょう。

普段、子供と話す時間がとりにくいパパ。子供が話しかけてきたらチャンス!

【好きなキャラクター】【好きな遊び】などの情報を聞いて、時間がある時に好きな遊びを一緒にしたり、好きなアニメを一緒に見たりできます。

【興味のない遊び】と【好きな遊び】を同じ時間遊んだ場合、後者のほうが子供との仲は深まりやすいです。

子供との時間がとりにくいパパは効率的に子供との時間を使う上で、子供の好きなものを知るのは重要です。

スキンシップを増やす

おむつ交換

子供にミルクをあげていますか?おむつを替えていますか?一緒に遊んでいますか?

自分から率先して、子供とスキンシップを取るようにしましょう。

仕事が忙しかったりで、スキンシップがなかなか取れないかとは思いますが、

まずは、おむつ交換など短時間でできる、スキンシップから始めると良いです。

おすすめは、お風呂です。

一緒にお風呂に入って、遊んだり会話したりしてスキンシップをとってみましょう。

子供とのスキンシップを取ることで育児に積極的になり、ママの評価も上がりますし一石二鳥ですね。

ママと仲良くする

ママと仲良し

子供の前でママと仲良くしよう。

好きなママと仲良く話しているパパを見れば、パパの印象も良くなります。

夫婦なので喧嘩することもあると思いますが、

子供の前で喧嘩をしたり、悪口を言い合ったりするのはやめましょう。

NG集で紹介した内容はママとの関係性も悪くなる可能性があるので避けましょう。

父親ならではの遊び方

おうまさんごっこ

パパならではの遊び方で子供を満足させましょう。

力がいるたかいたかい・肩車・お馬さんごっこなど、パパにしかできない遊びをしてみましょう。

子供が満足してくれれば「パパ、かたぐるましてー」等と仲良くできるチャンスが増えます。

あわせて読みたい
ママと同じことをやってもダメ!?パパにしかできない子供との遊び方。 子供と遊びたいけど、何をしていいかわからない。 そんなパパも多いのではないでしょうか? ママよりも子供と接する時間が短いパパは、子供が好きなものを把握しにくい...

一緒に遊ぶにしても、パパが先にスタミナ切れなんてかっこ悪いところは見せられません。

日頃からスポーツなどをして、体力維持にも気を配りましょう。

外観に気を配る

服装

髭は子供に怖がられる可能性があります。

無精髭はちくちくして、子供を不快にさせる原因になりかねません。

髭はしっかり整えるか、剃っておきましょう。

また、服装もよれよれのジャージやスエットでは清潔感もなく、年頃の子供に嫌われてしまいます。

最低限の清潔感はもっておきましょう。

ママに協力してもらう

ママ

パパがいない間はママに協力してもらう。

「今、パパは家族のために一生懸命お仕事してるんだよ」

「パパは力持ちで、重たいもの持てるんだよ」

子供にパパの良いところを言ってもらい、いない間もパパの印象を良くしてもらいましょう。

また、パパへの愚痴は子供の前で言わないように協力してもらいましょう。

子供の興味がある情報を、教えてもらう。

子供の好きなキャラクターや音楽も日々変わりやすいです。

子供と接する時間が少ないパパは情報をママから教えてもらいましょう。

まとめ

  • 子供とのスキンシップを積極的に
  • ママと仲良く
  • パパにしかできない遊びを
  • 清潔感のある外観
  • 子供の興味のあるものを会話から得よう
  • ママの悪口を言う
  • 物を買い与えるだけ
  • 怒鳴る、暴力を振るう
  • 構いたい時だけ構う

子供の接し方に悩んでいる方、ぜひ参考にしてみて下さい。

パパが子供と一緒に遊べる便利おもちゃ

子供がなつく方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次