若作りは厳禁!アラフォーパパが若いパパ達と上手に付き合う方法9選。

若いパパとの付き合い方

晩婚化が進む日本どいえど、やはり周りを見れば20代30代のパパが多いのも事実。

学校行事や町内会で40代のパパは20代、30代の輪になかなか入りにくいと思っているあなた。

私も40代でパパになった身として、その気持ち痛いほどわかります。

40代パパでも20代、30代のパパと上手に付き合える方法9選をご紹介します。

この記事を読めば、学校行事や町内会で居場所がない、なんてことにならないで済むので、是非最後まで読んでいってください!

この記事はこんな方に読まれています
  • 若いパパとの接し方がわからない
  • 若いパパと話が合わない
  • 若いパパとの年齢差が気になる
  • 学校行事や町内会で居場所がない
目次

若作りをしない

若いパパの輪に入りたい、自分も若くなければならない!

そう考えて、ファッションや口調などを若いパパに合わせようとする人が多いです。

しかし、これは大きな間違い!

現実問題、あなたは40代なのです。若作りしようとすればするほど浮いてしまいます。

40代には40代に合ったファッションや言動があります。

若いパパにも将来、あんな風に渋い落ち着いたパパになりたい!と思わせるような格好と態度で接してみましょう。

ちなみに、若いパパはどんな40代を理想としているか、調べたので参考にしてみてください。

1位 西島秀俊さん

Embed from Getty Images

2位 竹野内豊さん

Embed from Getty Images

3位 反町隆史さん

Embed from Getty Images

4位 長瀬智也さん

5位 谷原章介さん

決して若作りしておらず、皆さん年相応の格好良さがありますよね。

顔がいいだけじゃないかー!との感想も聞こえてきそうですが、この5人が若者が履いているような、派手なハーフパンツを履いているところを想像してみてください。

んー、痛いオジサンにみえてきませんか?

やはり、年相応のカッコよさを目指すべきというのがわかると思います。

経験を生かして相談に乗る

若いパパになくて、あなたにあるもの。そうそれは、経験です。

若いパパは20代、30代をどう過ごすべきなのか迷っています。

そんなときに、すでに20代、30代を経験したあなたの経験談は貴重な道しるべとなるでしょう。

20代でムカつく上司・先輩にどう接したらいいかわからない。30代でキャリアも積んできて責任が増えてくる時期にどう対応していいかわからない。

そんな悩みに、自分の経験を話して相談に乗ってあげましょう。

経験談を話すときは【成功談より失敗談】と言われています。

成功談は、時に自慢話・武勇伝となってしまう場合があるので注意しましょう。

今の若い世代は、成功する方法より失敗しない方法を求める傾向があります。

自分の失敗談を話すことにより、若いパパとの信頼関係を築き、距離感を縮めていきましょう。

興味を持つ

まずは、若いパパの会話に興味を持ちましょう。

俺はそんなの良くわからない

と距離を置くのではなく、

アニメや歌や流行っているものを聞いたりして

それってどんなの?

等とまずは質問してみましょう。

結果わからなくても、

へぇーそうなんだ

と相槌をうつだけで印象は変わります。

自分に興味をもたれている時点で、相手は悪い印象を持たなくなります。

注意したいのは、知ったかぶりをしないこと。

どうしても、歳を取ると余計なプライドや知識が増えて、知ったかぶりをしてしまいます。

相手に質問してみたものの、知ったかぶりで自分の話にすり替える人が多いので注意しましょう。

あくまで、こちらは質問者。聞き上手に徹しましょう。

あわせて読みたい
20代、30代パパは何に興味がある?40代パパが会話を盛り上げる方法とNG行為 若いパパと何を話していいかわからない・・・ 変な話をして、オジサンと思われたくない。微妙な空気になりたくない。 そんな40代パパも多いかと思います。 20代、30代の...

年齢マウントを取らない

年齢マウントとは先輩風を吹かせることです。

知らないうちに、若い人に対して偉そうな態度をとってしまいがちです。

俺の時代はこうだった。

そんなの、若い人がやるべきだ。

このような年齢マウントを取るのはご法度です。

若い人の考えを尊重しつつ、自分の考えも述べましょう。

過度な下ネタは控える

最近の若者は、昔に比べ下ネタを嫌う傾向にあります。

コンプライアンスや男女差別など、幼いころから教育を受けています。

下ネタで親しくなるといった手法は、もう古いので注意してください。

自慢話をしない

武勇伝を、ついついしてしまう中年男性は多いです。

昔はモテたんだよ

昔はスポーツが得意でさ

そんなことを言われても、相手にとっては全く興味がありません。

昔話をしない

自慢話に次いで、ついついしてしまいがちな昔話。

あの、マンガ懐かしいなぁ

あの、アイドルが好きでねぇ

そんなことを言われても、相手はもちろん何のことかわかりません。

プライベートを干渉しない

若い人は、プライベートを大事にします。

職場でも、仕事とプライベートをはっきり分けている若い子いませんか?

今どきの若い人は、あまり知らない人にプライベートを探られるのを極端に嫌います。

基本的に、相手からプライベートな話をしてこない限りは、プライベートな会話は避けましょう。

プライベートな話ができなきゃ、会話できないじゃないか!と思う人もいるかと思いますが、

天気・最近のニュース・近所のお店の話、等探せば結構あります。

ありきたりな話から、少しづつ距離を縮めていきましょう。

感謝の気持ちを表す

若い人は褒められて伸びるタイプの人が多いです。

叱られたり、気に入らないことがあれば、その場から遠ざかる傾向が強いです。

ちょっとしたことでも、感謝の気持ちを表すことで、褒めてみましょう。

ちょーすけ

登下校の交通誘導ありがとう!いつも助かってるよ!

ちょーすけ

○○さんは、子供から人気があるみたいで羨ましいよ。

感謝を表すことにより、相手も良い気持ちになります。

素直に感謝を言える素敵な大人といった印象も持ってもらえるので、

積極的に感謝を表し、相手を褒めてみましょう。

まとめ

気を付けること

  • 若作り
  • 年齢マウント
  • 過度な下ネタ
  • 自慢話
  • 相手が理解できない昔話
  • プライベートを干渉しない

心がけること

  • 経験を生かした良き相談相手
  • 若い人の会話に興味を持つ
  • 感謝の気持ちを表す

以上の9点さえ守っていれば、若いパパとのコミュニケーションも取りやすくなるはずです。

若いパパだけでなく、会社の若い社員とのコミュニケーションにも活用できるので、是非参考にしてみて下さい。

若いパパとの付き合い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次