100日祝い・お食い初めやり方は?実際にやってみた感想。

お食い始め

100日祝い・お食い初めのやり方がいまいちわからない

ちょーすけ

筆者が実際にやってみたので説明するよ

子供もどんどん成長して、日々の成長が楽しみでたまらないあなた。

そろそろ100日祝い・お食い初めの準備をしなければいけないと感じていることでしょう。

筆者も、初めて100日祝い・お食い初めを行うにあたって、いつ、どこで、何をするか迷いました。

様々な100日祝い・お食い初めのやり方をご紹介すると共に、実際に筆者が100日祝い・お食い初めを行った感想を述べたいと思います。

100日祝いとお食い初めのやり方が、いまいちわからない方はぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方に読まれています
  • 100日祝い・お食い初めのやり方が知りたい
  • 100日祝い・お食い初めを行う時期が知りたい
  • 100日祝い・お食い初めの準備の仕方が知りたい
  • 100日祝い・お食い初めの予算が知りたい
  • 実際の感想を聞きたい
目次

100日祝い・お食い初めとは?

100日健やかに成長してくれたことを祝い、

これからも食べ物に困ることなく、健やかに成長してくれることを願い、

おめでたい食べ物・縁起の良い食べ物を、食べる真似をするお祝い行事です。

他にも「箸揃え」「箸祝い」等と呼ばれることもあります。

ちょーすけ

食べる真似をした後は、歯固めという儀式を行うよ

100日、元気に育ててくれてありがとう

生後100日前後に行おう

お食い初め・100日祝いは生後100日目前後に行うのが一般的です。

必ず生後100日目にやらなければいけないわけではありません。

子供の体調や、家族・親族の予定などを考慮して行いましょう。

ちょーすけ

大安の日などを選ぶと縁起がイイね

自宅やフォトスタジオで祝おう

昔は自宅に親族を集めて盛大にお祝いすることが多かったようですが、

現在では家族のみでお祝いする場合も多いです。

最近では、フォトスタジオでも100日祝い・お食い初め用のプランがあり、

道具衣装を揃えてくれるところが多いです。

ちょーすけ

用意するのが大変なら、フォトスタジオの利用もイイね

お食い初めのやり方

お食い初めは、食べさせる真似をする人や、食べ物の順番食器の並べ方など細かい決まりが多いです。

地域によっても違う場合があるので、ご両親や年配の方に聞いてみると良いでしょう。

養い親

食べ物を食べさせる真似をする人「養い親」と言います。

女の子なら祖母、男の子なら祖父といったように、

参加者の中で、子供と同性の年長者が行うのが一般的です。

ちょーすけ

子供が嫌がる場合は無理せず、パパ・ママがやってあげましょう。

献立

お食い初めの献立は一汁三菜を用意しましょう。


鯛、赤飯、煮物、お吸い物、香の物などが一般的です。


それに加え、長寿を願う「歯固め石」を準備し、これらをお祝い膳に用意します。

食べる真似をする順番は【赤飯→お吸い物→赤飯→鯛→赤飯→お吸い物】が基本です。

この動作を3回行った後、最後に【歯固め】を行います。

ちょーすけ

筆者が行った時は、1周で泣き始めたから中断したよ

無理にしないでぇ

歯固め

歯固め石選び

神社の石を借りる近所の河原で拾うネットで購入する等があります。

特に大きさ形は決まっていないので、好きな石を選びましょう。

一般的には口に当てるのを考慮し、綺麗で丸い石を選ぶ人が多いです。

歯固めの石代わりに、【タコ、アワビ、紅白餅、栗の実、碁石】などで代用しても大丈夫です。

歯固めのやり方

長寿を願いながら、祝い箸を歯固め石の表面に触れさせてから、赤ちゃんの歯茎に軽くあてましょう。

石を直接歯茎にあてる地域もありますが、誤飲などの危険性もあるのであまりお勧めしません。

歯固め後

歯固めに使った石は元に合った場所に返却しましょう。

購入した場合は記念に取っておくのも良いでしょう。

予算

自宅で行った場合、5,000円~10,000円くらいで行えます。

フォトスタジオなどで行った場合は、15,000円くらいが相場のようです。

ちょーすけ

筆者は自宅で行ったので5,000円程度でできたよ

実際にやってみた

ちょーすけ

筆者も100日祝い・お食い初めをやってみたよ

必要な物はネット購入し、自宅で行いました。

祝い紙、祝箸、赤飯、はまぐり、鯛、黒豆、コハダのセットを購入。

調理して並べたのがこちら。

お食い初め料理完成

それなりにめでたい感じにはなったと思います😊

写真撮影用の衣装も購入しました。

お食い初め服
お食い始め着付け

もう、可愛いの連呼でした😍😍😍(親バカ

お食い初めの行事も行いましたが、実際やってみると

お食い初めの順番【赤飯→お吸い物→赤飯→鯛→赤飯→お吸い物】 ×3回は大変でした。

1周で中断し、歯固め行事を行い無事終了しました。

歯固め石を用意できなかったのでタコを代用品として使いました。

ちょーすけ

子供の様子に注意して、無理は禁物

写真撮影

写真撮影は、セルフ撮影で行いました。

お食い初め写真

素人が携帯のカメラで撮っているので、こんなものでしょう😂

フォトスタジオ(スタジオマリオさん)のサンプル写真を見ると

スタジオマリオより引用

やはり、豪華な衣装や小物を揃えて、プロのカメラマンに撮ってもらうと違いますね!

生まれて100日の記念日、もうちょっと豪華に祝ってあげたほうが良かったかなとやや後悔。

ちょーすけ

一生に一度の行事だし、多少の出費は覚悟してでも、
フォトスタジオで撮影しても良かったなぁ。

こんな写真を見るとそういった思いがよぎります😢

小さい子供をできるだけ外出させたくない、コロナが不安という方は、

家にプロのカメラマンがきてくれる出張撮影を利用する人も増えてきています。

将来大きくなった子供に、当時の家の雰囲気・近所の雰囲気を伝えられるのも出張撮影の良いところですね。

出張撮影サービスはfotowa(フォトワ)がおすすめです。

もう少し安く抑えたい方は、Fammもおすすめ。

まとめ

100日祝い・お食い初めをやってみて大満足でした!

最初は、そんな迷信じみたものわざわざやる必要ある?と思っていた筆者ですが、

実際にやってみて、100日祝い・お食い初めは子供の成長の記念として良い思い出になりました。

これから七五三、お宮参りなどたくさんのイベントが盛り沢山ですが、将来子供に自慢できるような、素敵なイベントにできるように頑張りたいです。

お宮参りをまだ行ってない方は

100日祝いの次は、ハーフバースデー

今回100日祝い・お食い初めで使った商品はこちら

お食い始め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次