失敗しない里帰りのお礼のやり方。相場や入れる封筒は何を使う?

里帰りお礼

ママが出産の為に里帰りするけど、義父母にお礼ってどうやるんだろう?

義父母に失礼な奴だと思われたくない、ママの顔に泥を塗りたくない。

そんな悩みを持つ方も多いと思います。

筆者も先日、ママが里帰りから帰ってくる際、お礼のやり方で悩みました。

そんなあなたに、里帰りのお礼のやり方をまとめてみました。

  • 金額の相場
  • 渡すタイミング
  • 現金を入れる封筒
  • 手土産
  • 断られた時の対応
  • 里帰りの準備

これを見ていただければ、里帰りのお礼のやり方を失礼なくできるので、是非見ていってください!

目次

お礼は必要

義父母からしてみれば、実の子と孫が帰省してくるだけだし、そもそもお礼って必要なの?と思われる方もいるかもしれません。

しかし、結婚して所帯はこちらにあるわけですから、お礼はしっかり行いましょう。

里帰り期間中の生活費なども負担してもらっているわけですし、今後の関係を悪化させないためにも、しっかりお礼を行いましょう。

ちょーすけ

世帯主として、責任ある行動をしよう

相場は月2~3万円

相場っていくらなんだろう?

まず一番に考えるのが、お礼の金額ですよね。

少なすぎても失礼に当たるし、多すぎても逆に気を使わせたり、他人行儀な気がする。

お礼の相場金額は1カ月=2~3万円と言われています。

あくまでも相場なので、相手方の収入や金銭感覚も考慮しましょう。

相手方の金銭感覚を知るママと、よく相談して金額を決めることをおすすめします。

実際、私は2カ月半里帰りで面倒を見ていただいたので、5万円渡すことにしました。

場合によっては、夫方の両親から多少負担して貰える場合もあるので、必要であれば相談してみましょう。

上の子も同行した場合

上の子も一緒に同行した場合は、1カ月=5,000千円~10,000円上乗せするのが相場です。

子供の年齢にもよりますが、日頃の食費などを考慮して渡しましょう。

手土産を持っていこう

お金だけではなく、お菓子の手土産をもっていくと良いでしょう。

手土産を持っていくことにより、礼儀正しい旦那と義父母が感じてくれます。

手土産を選ぶ際は、相手家族の人数や年齢を考慮して選ぶようにしましょう。

渡すタイミングは里帰り前がベスト

里帰りの前と後、どっちがいいの?

お礼は、基本的に里帰り前に渡すようにしましょう。

義父母的にも、初めに貰えた方が経済的・精神的に助かるでしょう。

里帰りの期間が不明で、何カ月分の金額を渡していいかわからない場合は、

現在決まっているおおよその期間分を渡し、里帰り後に不足分を渡しましょう。

パパ本人が渡そう

可能な限り、パパ本人が直接渡すようにしましょう。

どうしても直接渡せない場合、ママから渡してもらいましょう。

渡す際も、一言「お世話になります、よろしくお願いします」など、

しっかり挨拶することで、義祖父母にも好感を持ってもらえます。

お礼を入れる封筒は水引の蝶結び

里帰りのお礼に使う封筒

入れる封筒は、のし袋の【紅白の蝶結びの水引】を使用しましょう。

蝶結びの水引の他に、結び切りの水引があります。

結び切りの水引は、繰り返してほしくない行事の時(葬式など)に使うものです。

ちょーすけ

間違って、結び切りの水引を使わないようにしよう

のし袋の水引種類

目上の方に渡すので豪華なものではなく、シンプルなデザインを選びましょう。

NGな渡し方

  • 結び切りの水引を使ったのし袋
  • 簡素な茶封筒・白封筒
  • 現金を直接渡す
  • 折れている・汚れているお札を使う

のし袋の書き方

上段には御礼か感謝、下段には夫婦の名前を書きましょう。

里帰りのお礼のし袋の書き方

手紙を添える

お礼の他に、感謝の手紙を添えるのも良いです。

義祖父母やママにも好感を持ってもらえるでしょう。

【例文】

お義父さん、お義母さんへ
この度は、妻が里帰りでお世話になります。
少ないですが、お礼の気持ちです。
ぜひお受け取りください。
これからしばらく、よろしくお願いします。

断られた時の対処法

お礼をしたくても「いやいや、そんな気を使わなくていいよ」と断られる場合が多くあります。

社交辞令なのか本当にいらないと思っているのか、判断が難しいですよね。

あっさり引っ込めたり、しつこく渡そうとして、義父母の気分を損ねるのは避けたい。

そんな時の対応も考えておく必要があります。

3回は押してみよう

義父母側も、形式上そう言っている場合もあります。

3回ほど「いえいえ、いろいろお世話になったので、ほんの気持ちです」と押してみましょう。

3回やっても断られた場合は、本当に要らない可能性が高いので、諦めましょう。

代わりに品物を送ろう

現金を受け取ってもらえなかった場合は、後日改めてお礼品を送りましょう。

代表的なお礼品

  • 商品券
  • 旅行券
  • カタログギフト
  • 食べ物
  • 家族写真

義父母の性格やライフスタイルをよく知っているママと相談して、

一番喜んでくれそうなものを選ぼう。

手紙を書こう

感謝の手紙を書くのも良いでしょう。

例文

この度は大変お世話になりました。

※※(ママの名前)も※※(子供の名前)おかげさまで順調に過ごしています。

お義父さんとお義母さんのサポートのおかげで、無事出産を終えることができ、感謝しています。

これから、※※(ママの名前)と※※(子供の名前)家族仲良く過ごしていきたいと思います。

また、落ち着きましたら、ぜひ※※(子供の名前)の顔を見ていだたけたらと思います。

今回は本当にありがとうございました。

あくまで手紙は、品物に添えるものとして考えよう。

子供の行事や新居に呼ぼう

新居に招待したり、お宮参り100日祝い・お食い初めの行事に呼んで、孫の顔を見せてあげましょう。

遠方などにより、招待できない場合その時の写真をプレゼントするのも良いですね。

ちょーすけ

義父母にとって孫の顔を見れるのが、一番うれしいかもね

≫100日祝い・お食い初めのやり方はこちら

≫お宮参りのやり方はこちら

里帰り前の準備はしっかりと

ちょーすけ

里帰りに向けて以下の準備はしっかりしよう

  • 郵便物の転送届
  • ママの生活品
  • 上の子の生活品
  • 赤ちゃん用品
  • 新生児の申請書類

まとめ

  • 相場は1カ月=2~3万円、子供同行は5千円~1万円
  • 渡すタイミングは里帰り前がベスト、渡しそびれたときは帰る時に渡す
  • のし袋は紅白の蝶結びの水引を使う
  • 手紙やお菓子も添えると◎
  • 断られた時は3回は押してみる
  • それでも受け取られなかったら、お礼品や手紙、家族行事に招待
  • 里帰り前の準備
里帰りお礼

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次